歯の神経を残すために

こんにちは 中区 湊 くろせ歯科クリニック 副院長の黒瀬です。

最近はジメジメした日が続きますね。雨も降ったりやんだり、変わった天気です。

最近は当院で患者様から人気の治療法があります。それが虫歯が神経まで到達していても神経を残すことができる治療法です。

ほんの数年前までは虫歯が神経まで達していると、歯の根まで神経をとらなければいけませんでした。神経を途中まで切る治療法が確立されてなかったんです。

最近はよいお薬ができてきて適切に治療すれば神経まで到達している虫歯でも全ての神経をとらずにすむようになりました。今日はその治療法についてお話しますね。

 

162596586_235046951649044_8830675552167649792_n

この治療法はマイクロスコープを用いて治療しなければ不確実な治療となっています。

 

写真の真ん中の歯、明らかに黒く虫歯になっています。

20210409_090900_000

レントゲンでみると神経まで到達していそうな虫歯でした。

 

20210409_091139_343

少し削ると虫歯が広範囲に及ぶのがわかると思います。

20210409_092236_583

 

ラバーダムというゴムのマスクをして虫歯を慎重にとっていくと歯の神経がでてきました。以前では神経がでるともう歯の神経をすべて取り、歯を全周にわたって削り被せなければいけませんでした。

20210409_093636_155

 

感染してしまった神経だけ除去し、健康であろうと思われる神経を慎重に見極めていきます。

20210409_094607_709

 

その後MTAセメントと呼ばれる歯の神経を守るお薬をいれて次に歯をきれいに作ってあげる作業に入ります。

 

大きく開いていた穴をキレイに塞ぎ、歯の形をつくり、周りの歯と調和するような詰め物を詰めていきました。

20210519_100422_587

患者様は神経も残せて、歯も最小限の切削ですみ、きれいな形に戻ったので大変喜ばれました。

ここからは患者様と二人三脚で今後虫歯にしないように一緒に口腔ケアを頑張っていくようお話しました。

我々としても、歯の神経を残すことができ、歯を必要以上に削らずにすむこの治療法には大きな希望を感じています。

ご興味ある方はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る